淡白な夫をその気にさせる誘い方

淡白男性も性欲は0じゃない!肝は「さりげない」誘い方!

淡白な夫をその気にさせる誘い方

淡白な夫をエッチに誘うのって難しいですよね?

 

夫が淡白でレス気味な夫婦には、人に相談しずらいこともあり、様々な悩みを抱えているケースがあります。

 

特に、子作りや子供を妊娠したいという女性には、夫の淡白さやセックスレスに頭を悩ませる人が多いです。

 

淡白な夫には女性からの積極的なアプローチは裏目に出るかも知れません。

 

と言うのも、淡白になる男性には性欲や女性に対する好奇心が薄れる根本的な原因があるからです。

 

それを知っておかないと、元々淡白な夫がさらに本格的なセックスレスになるかも知れません。

 

淡白だとは言っても、完全に性欲がない男性なんかそうそういません。

 

問題は、いかに夫の性欲を妻に向けるかだと思います。

 

同棲後や結婚後の夫婦関係においてのセックスレスは、カップルの時とは誘い方やアピールの方法がまた別です。

 

ここでは、淡白になる男性の原因や、淡白な夫の男性本能を刺激してその気にさせる方法についてご紹介したいと思います。

 

男性が淡白になる原因!

 

男性が淡白になる根本的な原因は、男性ホルモンのテストステロンが低いことが原因だと言えるでしょう。

 

テストステロンとは、男性ホルモン物質の1種で男性ホルモンの代表格みたいなものです。

 

このテストステロンが低い男性は、性欲や女性に対する好奇心も低い傾向にあります。

 

また、男性ホルモンの増減は脳の中枢神経がコントロールしており、脳の中がリラックスしている時に男性の性欲はアップします。

 

なので、頭をよく使う仕事や、運動不足になりがちでストレスを溜め込みやすい職業などに就いている男性は、淡白気質な人が多い特徴があります。

 

逆に、スポーツ選手のような体をよく動かす人は男性ホルモンも多くテストステロンが高いです。

 

これは、体を動かすことによって血液の循環も良くなり、脳がストレスを溜め込みにくい状態にあることが理由でしょう。

 

ここで言いたいのは淡白な夫を誘う時に、話し合いや言葉での理詰めでエッチしようとしていないかという事です。

 

特に、子作りを目的としたエッチに誘う時などです。

 

男性の性欲が高まるのは、脳の中がリラックスしていてストレスフリーな状態の時です。

 

子作りを目的としたエッチは、女性の子供を妊娠したい気持ちが強いあまり夫婦生活が義務的なものになってしまいます。

 

義務感を感じるセックスにやる気が起きないのは、何も男性に限った話ではないでしょう。

 

プレッシャーや緊張を感じると脳の中が委縮してしまってテストステロンの分泌を妨げます。

 

なので、元々淡白な男性を直接的な方法で誘うと、逆に拒否される可能性の方が高くなるのです。

 

夫が淡白レスだからといって精力剤などの薬を勧めるのもNGです。

 

淡白な男性は性欲が全くない訳ではないし、心身的に精力が減退する病気な訳でもありません。

 

精力剤などを女性側から勧められると、むしろそれがきっかけでEDなどの性機能障害に繋がる可能性もあるのです。

 

つまり淡白男性の原因は、元々のテストステロンの低さ、そして夫婦生活やセックスレスについての話し合い、子作りの協力を求める言葉での説得によることで、さらにテストステロンを減少させていることが原因だと言えるでしょう。

 

夫をさりげなく誘う方法!男性ホルモンを増やす匂いの効果!

 

淡白な夫をその気にさせる誘い方

淡白な夫を誘うには、さりげない誘い方が可能な嗅覚を刺激する方法が効果的です。

 

人が異性を魅力的に感じるのは、8割方視覚からの影響で決まると言われています。

 

ですが、同棲後結婚後の夫婦の関係になると、お互いの裸や外見には見慣れてしまっていると思います。

 

そこで、いくらダイエットやメイクを頑張って外見に変化を入れたとしても効果は薄いでしょう。

 

なぜなら、ダイエットして体型を変えるにはどんな方法を取ったとしても1か月〜はかかると思います。

 

変化によるギャップというのは瞬間的なものじゃないと意味がないです。

 

同棲して一緒に暮らしている夫婦では、ジワジワ変化していく妻の体型に夫が気付くかどうかさえ怪しい所でしょう。

 

さらに、化粧やメイクなどの外見の変化は、視覚の影響が8割を占めると言われている通り、さりげないアピールにはなりません。

 

淡白になる男性は、脳をよく使っている傾向があるので神経質で敏感な所があり、あざといアピールは逆効果になってしまいます。

 

結局、妻のしたい気持ちが伝わってしまうと、夫は逆にしたくなくなってしまうのですね。

 

では、どうやって夫を間接的にさりげなく誘うか?

 

その方法は、残り2割を占める五感を刺激することです。

 

特に、嗅覚から感じる匂いの影響力は意外と注目されていないですが、1番効果的だと言えるでしょう。

 

匂いには、淡白な夫を夫婦生活に誘う為の様々なプラス作用があります。

 

例えば、匂いや香りには男性ホルモンを刺激してテストステロンを増やす催淫効果があります。

 

匂いとは、男性の性欲やホルモンバランスをコントロールする中枢神経に1番ダイレクトに働きかける物質だからです。

 

さらに、匂いは目に視える物ではないので、あざとさがありませんしさりげないアピールには効果的です。

 

そして、淡白な男性は脳の疲れやストレスから性欲ダウンする特徴がありますが、香りにはリラックス作用があることは有名ですよね?

 

開放的に気持ちになった時に、性欲は湧いてきます。

 

癒し効果があるとされる香りを嗅ぐことで、脳のストレスを軽減させ淡白な夫をその気にさせることに繋がります。

 

男性をその気にさせる香りには、イランイランやジャスミンといった香りが代表的ですね。

 

淡白な夫を誘うには、男性をその気させる薬のような効果がある香水もあるようです。

 

 

>>淡白な夫をその気にさせる香水

 

セックスレスはレス期間に比例する!

 

淡白な夫と子作りやセックスレスで悩む女性は、年齢のタイムリミットを意識し過ぎるのには注意が必要です。

 

なぜなら、セックスレスはレス期間に比例して解消するのが困難になるからです。

 

矛盾しているようですが、妻の子作りやレス解消したいと思う気持ちが伝わると、夫はさらに淡白になってセックスレスになってしまいます。

 

焦りやイライラは、確実にレス解消からは遠ざかってしまう原因になるので、妻側に余裕があることを見せつけることが重要です。

 

妻側に余裕がないと結局、さらに夫はセックスレスになってさらに妻はイライラしてを繰りかえす悪循環に陥ってしまいます。

 

この悪循環の期間が長くなればなるほど、段々解消するのが難しくなるのです。

 

淡白な夫でも性欲がない訳ではないので、セックスレスは解消可能ですし、子作りに誘うことも可能です。

 

遠回りのようですが、女性が余裕を持ってそれを夫に見せつけることがセックスレス解消の1番の近道になるでしょう。

 

>>淡白夫を誘う香水の詳細はコチラ<<